スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

サイズ感覚の消失と無関心 

 「日本郵政グループ 資産規模300兆円の金融機関が発足」「一般会計85兆7000億円 20年度概算要求」「短期金融市場に即日1兆円を供給 日銀公開市場操作」「年収200万円以下の給与所得者が増加」「全国平均で1時間あたり673円 最低賃金額」「領収書1円以上を原則公開に 政治資金規制法改正案」…毎日毎日ニュースでは様々な規模の数字が踊る。1円から数百兆円までのこの広がりを、我々は的確にとらえる事なく、いい加減な感覚で何となく斜め読みしてはいないだろうか。
 例えば「1万円」と「1億円」には1万倍の違いがある。我々は何となくその違いを想像することはできる。「1万円」とは福沢諭吉が描かれた一枚の紙片であり、その手触りとともにその金額とそれが持つ可能性を思い浮かべることができるだろう。「1億円」はというと、一万円札が1万枚。例えばそれを豪邸や高級車の集まりとして(実感できることは稀かも知れないが)、何とか想像することはできるだろう。
 しかし「1万円」と「1兆円」の1億倍の違いとなると、それを何らかのイメージや身体感覚としてとらえることは難しくなる。1万円札1億枚の集まりといわれても、それを想像することは難しい。巨大企業の売り上げや一つの国の予算に匹敵する額ではあるが、それを何らかの具体的イメージに結びつけるのは容易ではない。
 多くの宝くじは上位の当選金額が数千万円から数億円で設定されている。賞金金額がそれ以上、例えば数十億円から数百億円に設定できたとしても、その額は人々の想像の限界を超えてしまい、購入への動機づけの強さはそれほど大きくならないかも知れない。
 人間には、正しくその大きさを把握できる数字の範囲に限界があるようだ。
 だいぶ古い話ではあるが、イギリスの学者パーキンソンは、一定以上の高額について、人は程度の差こそあれ感覚が麻痺してしまうことを、皮肉を交えながら示した。それは「議題の一項目の審議に要する時間は、その項目についての支出の額に『反』比例する」という法則である。
 イギリスのある年の財務委員会の審議で、1000万ポンドの原子炉建造計画の予算審議にかかった時間が2分半であったのに対し、事務職員の自転車置き場を350ポンドで作る案には、アルミ屋根をトタンにすれば300ポンドでできるという意見が出て45分間の議論。ある会合の茶菓子代月35シリングの予算請求に対しては、審議が1時間15分続いたというのである。大国の財務という、それなりに大規模な金額が扱われる場においてさえ、大きすぎる金額には感覚が麻痺してしまい、かえって小さな(そして各人が実感を持ってとらえられる)金額のほうに人は躍起になるのだ。
 
 人間の歴史を学んでいない人にとっては、百年前も千年前も同程度の「昔」に違いない。地球の歴史を学んでいない人にとっては、十万年前も十億年前も同程度の「大昔」に違いない。
 原発から漏れ出した放射線量は多いのか少ないのか。基準値の数百倍のダイオキシン濃度は多いのか少ないのか。我々の生活を支える半導体製造にはミクロン単位の制御が必要であるし、今あなたの周りの空気には数ミクロン程度、あるいはより小さな細菌やウイルスが(おそらくたくさん)飛び回っている。
 これらの量やサイズの持つ意味をその人なりにきちんと捉えることができた時、ものごとへの「無関心」が「(大きな)関心」に変わるのだと思う。

 景気は回復していると言う声が出る一方で、最低の生活すら保証されず「生きさせろ!」と叫ぶ声も確実に増えている。格差とは、人間のサイズ感覚の消失がもたらす無関心から生まれているような気がする。
 様々な規模の数字をもとに、様々なレベルの議論が交わされる。数%という統計学的な量の中に何万人分もの生活がある。そのサイズを安易に読み飛ばすことなく、その大きさあるいは小ささを、丁寧に捉えたいと思う。

-----Zoom In Zoom Out-----

↓世紀の傑作「Powers of Ten」収録
■ EAMES FILMS:チャールズ&レイ・イームズの映像世界
チャールズ&レイ・イームズ (2001/08/24)
パイオニアLDC

■壷の中 (美しい数学 4)
安野 雅一郎、安野 光雅 他 (1982/10)
童話屋

■世界がもし100人の村だったら
池田 香代子、C.ダグラス・ラミス 他 (2001/12)
マガジンハウス
スポンサーサイト
[ 2007/10/24 23:08 ] TB(0) | CM(0)

100年で、変わるもの、変わらないもの 

 100年以上年月を経ても変わらないものに、強く惹かれる。
 100年という過酷な時間の経過の中では、その姿を変えるものもあれば変えないものもある。生まれるものもあれば消えるものもある。
 ここで試みに、100年「前」を眺めてみたい。
 ――西暦1900年の前後、日本は日清・日露戦争、西欧列強はアフリカ・アジアの各地に植民地を広げていた。第一次世界戦はまだ先の話。ニーチェが近代合理主義を批判、フロイトは精神分析学を生み出し、アインシュタインが相対性理論を提唱。ライト兄弟の初飛行、映画の発明もこの頃で、レコードはごく一部で普及しはじめたばかり、こういう時代である。
 こうして(ほんの一部ではあるが)100年前を眺めてみると、現在とは全く別のシステム・イデオロギーが世界を覆っていた。しかしまた同時に、現在につながる胎動のようなものが、産業・技術の分野を含め確かに始まっているようにも見える。
 それでは果たして100年後は、何が変わっているだろうか。
 人間を取り巻く自然環境とエネルギー源、教育システム、知識や情報の交換・蓄積、通貨・貨幣と経済システム、マシンと人間の関係性、病気と医療、戦争、月・火星、中国・インド・アフリカの立ち位置…。そしておそらく、現在は予想すらしていない何かが生み出され、当たり前のようにそこに存在しているに違いない。
 逆に、変わらないものはあるだろうか。
 これまで100年以上変わらずにあるもの、自分の周りをよく気をつけて見てみると、そういったものは意外と多い。そしてまたこれらは、よく気をつけて見ないと気づきにくいことも確かだ。こういったものたちはこれから100年、果たして変わらずにいられるだろうか。
 ただし変わらないといっても、特に芸術や文化に関して言えば、常に新しい酸素が送り込まれ、その灯が消えていないことを望みたい。灯が消えた堅い芯だけがその時残っていても、それは「変わっていない」とは言えないだろう。

Radiohead 『In Rainbow』は、音楽コンテンツ産業ひいては経済システムを変えるか?
Radiohead アルバム・セールスがすでに120万枚を突破!? (「vibe」ニュース:2007.10.12)
 
国立能楽堂
パーソナル字幕システム

NHK 「100年インタビュー

-----Zoom In Zoom Out-----

■「10年後の日本 (文春新書)」
『日本の論点』編集部 (2005/11)
文藝春秋

■NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX
加古隆 (2005/11/25)
NHKエンタープライズ
[ 2007/10/17 19:30 ] TB(0) | CM(0)

「仙」展 ○△□の謎 

 仙※の代表作であるとともに最大の謎を持つとされる作品「○△□」は、その名のとおり○と△と□の3つの記号が並べて描かれている。
 江戸時代中期、九州博多の禅寺の住職であった仙は、多数の書画を残し、その自由な作風が国内外で知られている。「世画有法、画無法」(世間の画にはきまりが有るそうだが、私の画にはきまりなんか無い)との自らの宣言どおり、のびやかで奔放な仙の世界は「ぶっ飛んで」いると言ってもよいかも知れない。
 自在な筆運びで動植物や神仏を描き出す彼の「へたうまの元祖」のような画。そこに添えられた禅の考案は、逆説的ではあるが、我々を「考える」という行為から解放してくれる。
 もともと禅の世界とは「考える」行為を突き放す態度を持つものではある。しかし「考えない」ことにこだわればこだわるほど、自分の思考に絡め取られ、袋小路で立ち止まってしまうことすらあるかも知れない。それでは本末転倒である。
 冒頭で紹介した「○△□」とは、一体何を表すのか、何が言いたいのか、これまで東西問わず様々な議論がなされてきたようだ。ここで不覚にも「○△□」を何らかの「記号」として捉えてしまい、記号論的意味を読み取ろうとしはじめた途端に、我々は自らの思考の不自由さに絡め取られてしまう。禅の大家である鈴木大拙は、この作品を海外へ紹介する際「The Universe」と名付けたそうだが、果たしてこの意訳が正しかったかどうか。仙本人に尋ねたところで、おそらく彼はカラカラと笑うだけだろう。
 ○△□とは「Universe」なのか「おでん」なのか、そんな解釈は傍らに置いておき、一幅一幅と一対一で素直にそのまま向き合うだけでよいのかも知れない。
 美術館所蔵のコレクションとして、ガラスケースに並べられたこれらの書画の数々は、もともとは一幅一幅、寺院や屋敷の(おそらく)茶室の床の間に掛けられていたものだ。
 少し想像してみよう。180年余り前、江戸時代の日本のどこか、その床の間に○△□と描かれた画が一幅掛かっている。そこに広がる豊かな空間と、そこでお茶をいただく静寂な時間。そして繰り返される四季折々をそこから眺める…。
 それを思ったその瞬間、絡まった心がほっ、とほぐれたような気がした。たとえそれが東京都千代田区のど真ん中のビル内であったとしても、そのとき私はほんの少しだけ、しかし確かに、自らの心をあそばせる事ができたように思う。
 ――ただし、こんなことを言っても、仙はまた、カラカラと笑うだけだろう。

※センガイのガイの字は「崖」の「山」が無いもの

「仙 センガイ SENGAI 禅画にあそぶ」
出光美術館 2007年9月1日―10月28日

○△□ (英題:「The Universe」)
ハンガリーでの紹介ページ(独語や英語での解説が読める)

-----Zoom In Zoom Out-----

■「見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス」
岩田 誠 (1997/10)
東京大学出版会

■「はじまりの物語―デザインの視線」
松田 行正 (2007/04)
紀伊國屋書店

■「ポロック 2人だけのアトリエ」
エド・ハリス、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2007/10/16 00:08 ] TB(1) | CM(0)

地球を冷ます 

環境問題を、
ウソだと言う者、ホントだと信じる者、
覇権の道具に利用する者、
圏央道を造る者、高尾山を守る者、
「しっている」けど「していない」者、
「熱っちい地球を冷ますんだっ」と人集めのイベントに変えてしまう者、
週末には木を植えつつ、仕事では車を売る者、
目を逸らす者、何も考えない者・・・

"環境問題"とどう向き合うか、どういう態度を取るか、仕事、生業、目線・・・
それは、その人の、世界との向き合い方を体現しているのかも知れない。

-----Zoom In Zoom Out-----

■「環境問題のウソ」
池田 清彦 (2006/02)
筑摩書房

■「お節介なアメリカ」
ノーム・チョムスキー (2007/09)
筑摩書房

■「文明の逆説―危機の時代の人間研究」
立花 隆 (1984/01)
講談社
[ 2007/10/08 19:20 ] TB(0) | CM(0)

タイムマシン 

 人間は自分のいる空間内で、前後左右上下へ移動することができる。(これにも多少の困難が伴なうがそれについては拙ブログこちらを参照。)しかし時間を行ったり来たり自由に移動することはどうやら諦めたほうがよさそうだ。
 人がタイムマシンを想像するとき、それが何らかの「乗り物」であることが多い。人がそれに乗りこんで、過去や未来へ行き来するイメージだ。しかしおそらくこれから先も、そういった類のマシンが作られたり、それに人間が乗り込んだりする日は来ないと思う。
 時間は決してわれわれを「今」以外の過去や未来へ自由に移動させてはくれない。われわれは「今」の一点に縛りつられたままだ。けれどもそういった時間に対する、健気な抵抗の例を、いくつか挙げることはできる。時間軸上の行き来は無理でも、過去に起こったことをできるだけ素早く正確に保存し「今」に持って来る、そういう装置はすでにわれわれの手もとにある。
 はたして何万画素で何時間分の「過去」を残せるか、これがカメラという道具を選ぶ際の重要な指標である。過去をどの程度正確鮮明に「今に持って来ることが可能か」に、われわれはこだわる。電話もラジオもテレビの生中継も、CDもDVDも、ほんの少し前に遠くで起きた出来事(の一断面)を、「今」の「ここ」へと運ぶ装置だ。今秋から本格運用された緊急地震速報は地震を予知するものではなく、これもやはり、すでに遠くで起きてしまった地震をできるだけ早く知る工夫である。
 もちろんこれらの装置を手に入れることのできる事実は驚嘆すべきものだ。けれど、どんなに記録媒体・伝達媒体が発達しようと、われわれは出来事を過去形でしか捉えることはできない。起きるだろう事を予想する事はできても(この能力もまた人間の驚くべき能力の一つだが)、やはりそれは「出来事そのもの」を捉え認識する事とは異なる。
 「今」に縛りつけられたわれわれは、こうした「乗り物ではない」タイムマシンを日々磨き上げながら、遠くで開く打ち上げ花火を見るように、過去についてだけを知る。
 
「われわれは後ろ向きに未来へ入ってゆく」――ポール・ヴァレリー

-----Zoom In Zoom Out-----

■「時間はどこで生まれるのか」
橋元 淳一郎 (2006/12)
集英社

■「ラン・ローラ・ラン」
フランカ・ポテンテ、モーリッツ・ブライプトロイ 他
ポニーキャニオン

■「地震イツモノート
―阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル」
地震イツモプロジェクト、渥美 公秀 他
木楽舎
[ 2007/10/04 23:32 ] TB(0) | CM(0)

砂場遊びと文明 

 映画『CUBE』では、数々の制限で縛られたひどく窮屈な世界に人間を放りこむことから物語が始まる。その世界は時空間的認識論的に還元された"我々の世界"そのものである。しかし考えようによっては、我々が「CUBEに閉じ込められた彼らよりは自由だ」とタカをくくってばかりもいられないかも知れない。
 普段人間は(x,y,z)で表現されるデカルト3次元空間を、あたかも自由に動き回っているように思っている。しかしz方向、つまり上や下へ移動するには私たちの身体だけでは意外と難しい。階段や梯子、エレベーター等々の道具を使わなければ、たったの1mmも定常的に上下移動する事はできない。地面に穴を掘るにしても道具がなければ数cmの深さすら望めないだろう。我々は、祖先の誰かが木から下りてしまったその瞬間から、地上に縛りつけられてしまったのである。
 さらに、移動が不自由なのは空間内の話だけではない。「時間」に至っては進むことも戻ることもできず、我々は「今」という一点に縛りつけられたままだ。
 だからこそ「2次元+今」の縛りからわれわれを解放してくれる道具や活動は魅力的だ。
 いまや建築物は、かつてバベルの塔建設を神に厳禁されたとは思えないほどに、競うように空に伸びている。ル・コルビュジエは《サヴォア邸》において、その建築物そのものすら地上から解放できることを証明した。
 地上からの解放は人間が日々を暮らす場所だけで起こるのではない。登山や水泳といった上下方向への移動を可能にする活動はレジャーになり得る。さらに、目的地までは飛行機に乗り、或いは高架化された鉄道や高速道路を利用することが人間の「高さへの克服」を充分なものにしている。
 ローラーコースターや観覧車など遊園地のアトラクションの多くが上下移動を含め(メリーゴーランドでさえ)、3次元空間移動の自由化がその魅力を与えている。フリーフォールに至っては、我々を常に地面に押しつけている重力からも(ほんの一瞬ではあるが)、解放してくれる。
 3次元の自由な移動を手に入れることが「遊び」に結びつくのは、これら大きなポテンシャルエネルギーが必要な巨大な構造やマシン、あるいは地理条件に限られない。近所の公園にある、たとえばジャングルジム(まさに『CUBE』のアナロジー)や滑り台では、子どもたちが日々その体験を繰り返している。そして彼らは、大好きな砂場で、山をできるだけ高く積み上げ、谷をできるだけ深く掘る試みを毎日のように続けているのだ。
 重力からの開放、地上からの自由への欲は、やっと歩けるようになった子どもがさっそく砂場遊び取りかかる時に、すでに芽吹き始めているのかも知れない。そして、新しい山や谷を作るために、昨日作られた山や谷は崩される。

-----Zoom In Zoom Out-----

■レゴ 基本セット 青いバケツ 7335

《サヴォア邸》
ル・コルビュジエ(1929)

タワー・オブ・テラー
東京ディズニーシー

■「新編 銀河鉄道の夜」
宮沢 賢治
新潮社
[ 2007/10/04 00:06 ] TB(0) | CM(0)

『CUBE』 

1)上下左右前後の最大6方向にしか進めない
2)時間は勝手に流れる
3)"突然"や"偶然"との遭遇
4)仲間を集め知恵を集めて道具を使ってなんとか生き延びる
5)自分がどうして"ここ"にいるのかは誰も知らない
6)以上を含め"ルール"はあるようにも見えるが、無いのかも知れない
 ――映画『CUBE』で描かれているのは、まさに我々が住む世界そのものだ。

-----Zoom In Zoom Out-----

■CUBE
モーリス・ディーン・ウィント (1999/03/17)
ポニーキャニオン

■「ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く」
リサ・ランドール (2007/06)
日本放送出版協会

■「鏡の国のアリス」 (岩波少年文庫)
ルイス キャロル、Lewis Carroll 他
岩波書店
[ 2007/10/03 23:50 ] TB(0) | CM(0)
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。