スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

日本人は「生きていない」のか? 

 「杞国に、人の天地崩墜し身寄る所亡きを憂えて、寝食を廃する者有り。」
 古代中国の杞の国にいた心配性な人物が、杞憂の故事の由来である。

 われわれ日本人も、この人物に劣らず、諸外国の人々と比べるとかなりの「心配症」らしい。

----------
■金融危機、日本人が最も悲観的=政治不信が色濃く-17カ国調査
 (1月29日15時1分配信 時事通信)
「金融危機の影響は相対的に小さいはずなのに、日本人が先行きに最も悲観的」-。日本リサーチセンター(東京)など17カ国の民間機関が各国で一斉に行った調査で、こんな結果が明らかになった。政府の対応への不満が色濃く出ており、同社は「国民性に加え、政治不信が背景にあるようだ」と分析している。
(以下略)
----------

 政治不信はともかく、日本人は全体として、ものごとに責任や義理を感じ、心配や不安を抱え込みやすい気質なのかも知れない。
 昨年、リーマンブラザーズ破綻のニュース映像には、本社ビルからそそくさと荷物を運び出す社員達の姿が流れていた。何となくその「さっぱりした」雰囲気は、旧山一証券が破綻した際に「社員は悪くありませんから!」と涙を流す社長の姿とはあまりにも対照的だった。(ちなみに日本に特有の、お偉方が揃いも揃ってカメラに向かって頭を下げるいわゆる「謝罪会見」は、何の意味があるのだろうかと筆者は個人的には疑問だが―。)

 以前、養老孟司があるエッセイの中で「日本人は生きていない」と書いていた。外国の知識人のエッセイには、そういう話がいろいろと出てくるらしい。(『考える人』2008年冬号「万物流転――人を見ること、生きること」)
 このエッセイのことは長い間、強く印象に残っていたのだが、最近別の雑誌で宮本亜門が同じような事を書いるのを読んで、びっくりした。ニューヨーカーが話すには、アジア人はみな同じ顔をしていて見分けがつかないが、日本人だけはすぐに分かるらしい。なぜなら、「日本人は目が死んでいるから」だというのだ。(『プレジデント』2009年1月12日号「全予測!「生き方、働き方」サバイバル75問」)
 この二人の話に共通なのは、いずれも日本人自身がそう言うのではなく、「外国人の目からみるとどうやらわれわれは『死んでいる』ように見えるらしい」と、他者の目を通じた日本人観を伝えているところだ。表情の作り方やものごとの感じ方はそれぞれ文化によっても異なるから、異文化から見れば、たまたま日本人は覇気が感じられにくいのかも知れない。けれども上のニュース記事に見た通り、今の日本人は心配性で悲観的であることが、調査によって曲がりなりにも裏付けられた。そして確かに、日本人自身もまた、他者に言われなくても、また自分からははっきりそう言わなくても、そのことにうすうす勘付いているはずだ。
 
 しかし、この「心配症」に関しては、それならそれでよいのではないかと思う。心配を心配のままで終わらせず、隅々まで配慮を行き届かすことのできる、「柔らかな感性」や「おもてなしの心」に繋げることができれば、日本人の大切なものが、日本人のエネルギーになり、そしてこれからも残ってゆくだろうからだ。
 「心配(シンパイ)」を「心配り(ココロクバリ)」に、「憂い(ウレイ)」を「優しさ(ヤサシサ)」に変えることができれば(若干、金八先生風?)、外国人の目に日本人がもう少し明るく映るようになることだろう。


■光速度「顔を読む」(2008年1月6日)
■『「甘え」の構造』 土居 健郎 著(弘文堂)
■『クオリア立国論』 茂木 健一郎 著(ウェッジ)
スポンサーサイト
[ 2009/02/02 21:26 ] TB(0) | CM(0)
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。