スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

インプットの振れ幅 

 日々のインプットでは、或る特定の範囲内だけでなく、最大限の振り幅で多様なものごとに驚きを以て接すること。
 そうしたインプットと記憶どうしが複雑に関係性を持ちはじめると、多様な、自分でも予想だにしないアウトプットがそこから生まれ出て来る。
スポンサーサイト
[ 2009/05/31 14:20 ] TB(0) | CM(0)

そのきさらぎの望月の頃 

 願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月のころ
                          西行(新古今和歌集)

 西行は、この歌のとおり、2月の満月の日(旧暦2月16日)に没したという。
 満開の桜の下、満月の頃――。この歌に込められている西行の思いとは、一年のうち最も美しくきらびやかな情景を自分の死の舞台としたい、というものではないのではないか。

 夜の桜は、昼の桜の美しさとは絶対的に異なる、或る種の「ものすごさ」を持っている。夜桜の美は、明らかに「死」の気配を伴っている。電灯など無い時代、この夜桜の妖しさが最も極まるのが、満月の夜だったのだろう。
 「如月の望月の頃の花の下」とはつまり最も死に近い、最もナチュラルに死を迎えられる、そういう空間だったのではないか。

 桜、満月、季節の移り変わり…。自然に抱かれながら、大地の、天体のリズムに身をゆだね、そのリズムとシンクロしながら涅槃に至ること。自然がもつリズム、美しさ、妖しさ、これらが極まるその結節点に、自らの生と死の境界面を「願わくば」同期させたい。西行のそんな切実な思いが、この歌にはこめられているように思う。
 
 筆者はまだ残念ながら、電灯ではなく、満月の光だけに浮かぶ桜の花の姿を見たことがない。その空間に立ち入り、直接この目で見るのは、ちょっと怖いような、そんな気もする。

----------
■『桜の木の下には』 梶井 基次郎(青空文庫)
■『桜の森の満開の下』 坂口安吾(青空文庫)
■『月光浴』 新井 満(著), 石川 賢治(写真)(小学館)
[ 2009/05/27 20:51 ] TB(0) | CM(1)

1週間の効用 

 ものごとに取り組もうと計画するとき、
「1日」きざみではなく、「1週間」をひと区切りとして計画すること。

 「1日」という時間では、なかなかものごとを成し遂げるのは難しい。
日々の仕事もあるだろうし、食事もしなければならないし、
睡眠も必要だし、ほっとひと息つくことも大切だ。
いろいろとやっているうちに、1日はあっという間に過ぎてしまう。

 「1週間」をひと区切りとして計画すれば、
例えば月曜から日曜まで、たっぷり7日間という時間の中から、
自分の《計画》に必要な時間を作り出すことができるだろう。
1日くらいサボったとしても大丈夫。週内で調節すれば済む。

 1年は、365日しか無い。
「今日もできなかった…」と後悔しているうちに、
あっという間に過ぎ去ってしまう。

 けれども1年は、52週もある。
何か1つくらいは、じっくりと取り組めることがあるだろう。

----------
■『一日一文 英知のことば』 木田 元 著(岩波書店)
[ 2009/05/26 17:42 ] TB(0) | CM(0)
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。