スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

24時間テレビにみる、監視すること、されること 

こんなニュースを見つけた。
----------
『24時間テレビ』では恒例となった長距離マラソンだが、今年の『24時間テレビ35愛は地球を救う』(8月25~26日、日本テレビ系)では、プロレスラーの佐々木健介(46歳)一家がリレー形式で120kmのチャリティーマラソンを完走した。実はこのマラソン、毎度ネット上で話題になるのが「ワープ疑惑」。マラソンの途中、車に乗るなどして距離や時間を“調整”することを指すが、近年Ustreamやツイッターを駆使し、マラソンの様子を独自に生中継している人たちがいる。
(中略)
ツイッターではハッシュタグ「#snake24tv」(追跡現地班用)、「#24htv_live」(マラソン実況用)などで「気象庁前通過」「長男にタスキパス」と実況ツイートが続く。…(略)
(R25編集部)
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20120829-00025909-r25
---------
「監視される側」と「監視する側」の見事な逆転現象。
権力が指向する「一望監視システム」の崩壊。
昔は、「愛は『地球を』救う」というサブタイトル通り、地球規模での貧困に焦点を当てた番組構成だったのだが、最近はどうもそれが変化してきたようだ。誰かが一年に一度「走らなければならなく」なってから、何かが変わってしまった気がする。(「気がする」というのは、筆者は最近はこの番組を見ていないので、正直、正確なことは何もいう事ができないからだ。)
そんな番組の変質とともに、そのメディアを取り巻く状況もずいぶんと変質したようだ。以前は、募金という行為や、葉書・電話・FAXなどが、視聴者が番組に参加する方法だったものが、いつの間にか、視聴者が番組を「追い越して」しまったようだ。24時間マラソンで誰かが走っている姿は、そんなメディアを取り巻く状況に対して、何かを取り戻そうと必死になっている様子を体現しているようにも思えてくる。
いったい何のために走るのか。
いったい何のために24時間「それ」をやるのか。
おそらく答は見えないまま、来年もまた誰かが走り、「それ」は、やり続けられるに違いない。

監獄の誕生―監視と処罰-
(ミシェル・フーコー)新潮社
41X24lEK0mL.jpg

フーコー入門」(中山元)ちくま新書
41CX1P00F0L.jpg

寝ながら学べる構造主義」(内田樹)文春新書
      images-1.jpeg



- 乙武洋匡さん、24時間テレビのオファー断っていた

- パラリンピック 開会式にホーキング博士登場
スポンサーサイト
[ 2012/08/30 22:13 ] TB(0) | CM(0)

デスクトップオーディオシステム YAMAHA TSX-W80 

moblog_ab9b9ae3_2.jpg


ベッドサイドに置くオーディオをさがしていた。時計がついていてアラームとしても使えるものを。高音質でそこそこコンパクトなものがよかった。
というわけで、YAMAHAのTSX-W80を購入。色は「アイボリー」。



音源はiPhoneからワイヤレス転送することができるため、音楽を聞きながら他の作業をやったり、ゲームなども音と映像のズレを生じさせることなく楽しむことができる。
YAMAHAの「AirWired」の技術では、PCMという転送方式のため、音質劣化の心配はない。また、一般的にワイヤレス転送に使われるBluetoothでは0.2-0.3秒程度の遅延が発生するが、AirWiredでは遅延はわずか0.03秒で、映像と音のズレはほとんど感じられないレベルである。

ベッドサイドにしっくりと馴染み、小さいながらも底面にウーファーを配した堂々の2.1chで、音質は確か。

なかなかいい買い物だった。
[ 2012/08/29 00:40 ] TB(0) | CM(0)

物理学者の「ティータイム」 

朝日新聞の有料記事配信サービスのひとつ、「Web新書」で、
摩訶不思議な宇宙誕生のドラマ 始まりの一瞬が「全て」を決定した
を読んだ。

「単なる事実説明」にとどまらず、「どうして「無」から「有」が生まれたのか」「空間も時間も「無い」とはどういうことか」など、根源的な問いかけから始まるこの記事は、なかなか読み応えがあった。

千葉県柏市にある「Kavli IPMU(カブリ数物連携宇宙研究機構)」の小松英一郎氏(8月15日付でドイツのマックス・プランク天文物理学研究所の所長に就任したらしい、37歳という若さで!)の話がこの記事の中心だが、その中でも印象に残ったのが、Kavli IPMUでは午後3時からの「ティータイム」に研究者が全員必須で参加するという話。

そのティータイムでは、お茶を飲みながらの談笑もあれば、部屋に備え付けられた黒板に数式を書きながら討議もあちらこちらで行なわれるという。
このティータイムとは、研究者にとってみればちょっとした頭脳の「ストレッチ」の時間なのではないか。新しい発想やアイデアといったものは、実はこういう「結果を出さなくてもいい時間」「力がすうっと抜けた頭脳」からこんこんと湧き出てくるものなのではないだろうか。そんな「自由な時間」を仲間と共に持てる研究者たちが本当にうらやましい。

私は研究者ではないが、この「ティータイムを持つ」という発想は、ビジネスの現場でも(そのままでの応用は難しいにせよ)何らかの形で生かせるのではないだろうか。明日から早速何らかの形で実践してみようと思う。


銅鑼のお披露目(Kavli IPMU 広報担当者のブログ)
研究者たちがティータイムに議論にあまりに夢中になってしまうことから、その終わりを告げる「銅鑼」が導入された、というお話。自由だなあ。

考具 ―考えるための道具、持っていますか?
(加藤 昌治)阪急コミュニケーションズ
Unknown.jpeg
[ 2012/08/26 23:14 ] TB(0) | CM(0)

アップルのiPhoneとサムスン電子のGALAXY 消費生活というものについて 

iPhoneとGALAXYのお互いの特許侵害に対する裁判において、韓国ではサムスン電子が有利に、米国ではアップル有利に、判決が下りそうとのこと。

店頭にズラリとならぶスマートフォンやタブレットの群れを見てもわかるように、一見したところでは、「どれも同じ」に見える。

現時点では、iPhoneやGALAXYのような「かたち」が、技術的に可能であるひとつの「到達点」「飽和点」という事なのだろう。

しかし考えてみれば、テレビであれ冷蔵庫であれスーツであれカフェであれハンバーガーショップであれ、一見するとほとんど同じ「かたち」として飽和しているものの中から、私たちは普通にそれぞれの差異を見つけ出し、自分の好みのものが自分の周りを取り囲んでいると信じている。小さな差異の中から、お気に入りを見付け出す作業を、私たちは「ショッピング」と呼び、楽しんでいる。それがある意味、この現代社会における消費生活の現実なのだ。

さて、今後スマートフォンやタブレットの技術や製品にどういった「差異」が生まれてくるか、一消費者としてはこれからが楽しみだ。


Human Interface Guidelines:The Apple Desktop Interface(日本語版)
(Inc. Apple Computer )新紀元社
41A2YRY5T5L.jpg



差分
(佐藤 雅彦、菅 俊一、 石川 将也)美術出版社
     images.jpeg
[ 2012/08/25 16:16 ] TB(0) | CM(0)

ヒッグス粒子の発見 新たなはじまりとして 

先日「発見」されて様々な新聞・テレビ報道がなされた「ヒッグス粒子」をよく知るために、何冊かの本を読んだ。

ヒッグス粒子とは何なのか、難解な数式を使わないレベルにおいてはひとまず理解できたように思う。

何しろLHCという実験装置の巨大でかつ繊細なこと。それを作り上げ、ヒッグス粒子の発見という一大プロジェクトを成功に導いた、人間のチームとしての力。

国際的な叡智が集まり驚くべき結果を導き出す、という意味では、オリンピックに負けず劣らず、見ていて面白く、かつ興奮を禁じ得ない。

私はつねづね、サイエンスも、スポーツやアートと同じようにポップ(ポピュラー)で身近な存在であるべきだ、と思っている。

ちょっとやそっとではヒッグス粒子とは何なのか、よく知ることは難しいかも知れないが、教える側が少しだけ根気よく説明し、教わる側も少しだけ根気よく説明を聞けば、宇宙について力について物質についてはもちろんのこと、「人間」やその「叡智」について、よく知ることが出来ると思う。

ヒッグス粒子の発見は「標準理論の完成」という何かの終わりではなく、新たなはじまりでもある。
力や物質、質量についての統一的な理解の向こう側にはまた新たな知のフロンティアが広がっている。
ダークマター、ダークエネルギーの謎、超対称性粒子についての新たな知見、宇宙のはじまりや成り立ちへの更なる理解など、われわれの行く先はまだまだ茫漠としている。
けれども人間はまずはとにかくここまで辿り着いたのだ。

今後も、ゲージ対称性などの様々な対称性とその自発的破れを一つのツールとして、われわれが住まう世界の成り立ちがまた少しずつ明らかになっていくに違いない。

-参考文献
「よく分かる ヒッグス粒子」
「現代素粒子物語」
「対称性からみた物質・素粒子・宇宙」
「大人の社会科見学マニアックス~加速器編~」
「小林・益川理論の証明」
「図解 だれにでもわかる 素粒子物理」
「図解 素粒子入門」
「対称性とは何か」
「マンガでわかる「超ひも理論」」
「ワープする宇宙」
[ 2012/08/24 06:05 ] TB(0) | CM(2)

アートアクアリウム展2012 

今日は日本橋にある「コレド室町」で開催中の「アートアクアリウム展2012」を見に行ってきた。
大小様々な形の水槽の中で「乱舞」する金魚の姿が幻想的で、しばし外の暑さを忘れることができた。

フラッシュを焚かなければ写真撮影OKだったので、シャッタースピード1/30、ISO800に固定していろいろと撮ってみた。照明の色が様々に変化する中、ちょっと蜷川実花風?の写真などを撮ることができた。

金魚と水槽の形状と光と、なかなか本格的で見応えのある展示内容だった。9月24日まで開催なので興味のある方は是非。

P8187934.jpg

P8187922.jpg

P8187935.jpg

P8187916.jpg

P8187901.jpg

P8187943.jpg

P8187940.jpg



〈その他のアクティビティ〉
-「コレド室町」内の和食「菜な」にて昼食
-日本橋三越にて「輝ける皇妃 エリザベート展」
-「ZEN茶 'fe」にて休憩
-「コレド日本橋」(「グリルバール ダ パウロ」にて夕食)
-「丸善日本橋展」
[ 2012/08/18 21:49 ] TB(0) | CM(0)

「徒然草」というタイトル 

職場の同僚と、何気なくストレス発散について話をした。
そこで「よいストレス発散とは何か」を考えてみると、以下のようなキーワードが浮かび上がってきた。

1)世界をひろげる(マンガ・読書など)
2)くだらないことをする(LINEのチャットなど)
3)人とつながる(愚痴を聞いてもらうなど)
4)身体を動かす(ジム通いなど)
5)旅に出る

特に重要なのは、「くだらないこと」を「無目的」にやるのが良いのではないか、ということ。
目的を持って何かを成し遂げたり、何か見返りや報酬や成長や結果を「狙わない」姿勢が上手なストレス発散には欠かせないのではないだろうか。

本を読んでも、何か知識を吸収しようとしてしまったり、せっかく旅に行っても、写真を撮りながら「立派な写真を撮って写真集でも作ろうか」と考えてしまったり、それはそれで、趣味としては全く問題ないのだが、何となく上手にストレス発散できていない気がするのである。

そこで「くだらないこと」をブラブラと無目的にやるために、「くだらない日記」をつけてみてはどうか、と考えた。(ここでまた目標設定をしてしまっているのだが、そこは置いておいて・・・とにかくあまり深く考えないことが肝要だ)

しかしそのまま「くだらない日記」というタイトルにしたのでは面白味に欠けるし、語呂も悪い。
そこで「くだらない」の類語を調べてみたのだが、なかなかしっくりくる言葉が見つからない。

そこでふと思いついたのが、本日のタイトル「徒然草」である。
まさに「徒然草」とは「くだらない日記」のことであるし、その「くだらないことをだらだらと書き連ねてますよ」という主張を実にしっくりと三文字で言い表しているのである。

やはり、日本が世界に誇る日記文学、徒然草はそういう意味でもすごいのだ。

というわけで、せっかくくだらないことをしようと思った矢先、大いに意味のある気づきをしてしまった。
まあそういうものなのだろう。
[ 2012/08/16 22:32 ] TB(0) | CM(0)
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。