スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

文字情報を貼り付ける 

文字情報以外(画像・音声など)の情報の検索性・選択性・一覧性をどのように確保するか。文字情報とはいかに便利な情報の羅列であることか。
現代生物学はゲノムという文字情報により、生物種を分類・検索可能にした。画像や音声の「客観性のない」分類・羅列は、その情報を「博物学の時代」に押し戻してしまう。(もちろん博物学が面白いことには変わりないが)
ニュートン然り、アインシュタイン然り、ワトソン&クリック然り。あるいは、キリスト然り、ソシュール然り、フロイト然り…その他大勢。
とにかく、これまで誰もが文字情報を貼り付けられなかったものに、文字情報を貼り付けることができた者が、新しいパラダイムを作る。
そしてその後しばらくの間の「真理」を作る。

-----Zoom In Zoom Out-----

■「お厚いのがお好き?」
お厚いのがお好き?スタッフ (2004/05/29)
扶桑社

■「 科学の大発見はなぜ生まれたか
―8歳の子供との対話で綴る科学の営み」
ヨセフ アガシ (2002/12)
講談社
[ 2007/07/02 20:20 ] TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。