スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

Shop Channel 

ビジネスとは「ショップチャンネル」に似ている。
こちらのメリット、他との違い、コスト/パフォーマンスを立て続けに主張せよ。
ショップチャンネルのように半時間近く、アピールし続けられるかどうか。
できないときは再考せよ。
いつでも相手のアクセスを妨げず、そして、相手にチャンネルを変えられないようにせよ。

・・・ただし、こちらの主張の客観的根拠とデメリット、リスクも同時に示したい。
さもないとビジネスが、「ショップチャンネル」と同じになってしまう。

学問も、そして政治も選挙も、また同じかも知れない。

-----Zoom In Zoom Out-----

■「プロジェクト・ブック」
阿部 仁史、本江 正茂 他 (2005/03)
彰国社

■「マーケティング戦略策定シナリオ」
HRインスティテュート (2004/05)
かんき出版

[ 2007/07/31 22:01 ] TB(0) | CM(1)
コスト・パフォーマンスは会社員なら常に意識するべき事。私はそこがしっくりいかなかった。院の先生で(指導教官ではないが理論家)1日で1時間頭が働けば良いんだよ、とおっしゃったのが印象的です。その辺の意識のズレが今の私の状態にきているのだろうな。言いたいが言えないことがある。次回合ったらゆっくり話そうね。秘密厳守で。
[ 2007/08/05 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。