スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

オペラ座の怪人と精神分析 

  「オペラ座の怪人」の歌詞には精神分析、特に初期のフロイトを髣髴とさせるものが多い。一つの試みとして、主題曲である「The Phantom Of The Opera」より、それと思われるものを抜き出してみたい。

  歌の冒頭部分では、主人公が怪人に手をひかれ地下へと下って行くうちに、自分の心の中に「何か」がいるのに気づき、それを「眠り」や「夢」というキーワードとともに告白する。
    
   In sleep he sang to me, in dreams he came . . .
   that voice which calls to me and speaks my name . . .
   And do I dream again?
   For now I find the Phantom of the Opera is there inside my mind . . .
   (眠りの中で私に歌いかけた、あの人
    夢見る私のその夢の世界に現れた人
    あの声が私を呼び寄せ私の名を囁く――
    これもまた夢かしら?
    今、私の目の前に オペラ座の亡霊がここに 私の心の中に――)

主人公はさらに、自分が「何か」を覆う外側のものに過ぎないのでは、と思案し始める。
   
   I am the mask you wear . . .
   (私は仮面、あなたを隠している仮面――)

それに対し怪人は、「その通り、お前は夢の中で私を知っているはずだ」と主人公に迫る。    
    In all your fantasies,you always knew
    that man and mystery . .
    (夢見た全ての空想の中でお前はいつも知っていた
    一人の男と、その秘密の事を――)

そして主人公は、さらに奥へ奥へと手をひかれてゆく・・・
    
    And in this labyrinth,where night is blind,
    the Phantom of the Opera is there/here
    inside your/my mind . . .
    (そして、闇の帳に閉ざされた この迷宮の夜
    オペラ座の亡霊はここに
    私の(お前の)心の中に――)

※http://www.geocities.jp/lot_no_666/より引用させていただきました。

  このミュージカル作品全体には他にも、「仮面」「父の影を追い続ける娘」「トラウマ」「鏡」「舞台と観客」「地上と地下」「夜と昼」「水上と水面下」というような、19世紀から20世紀初頭の、フロイトおよびその後の初期精神分析学のキーワードが満載だ。
  極めつけは、主人公の「クリスティーヌ(Christine)」という名前である。この主人公は、「無意識」の存在に気づき、怖がり、葛藤の中で混乱させられてしまう当時の西欧の人々(=Christian)を象徴しているのだろうか。オークションの場面から始まり、全体が「昔の出来事の回想」として語られているこの物語は、近年では心理学や精神医学の中核とはいえない存在となってしまった精神分析の姿とも、類似点が見出せる。
  作者の意図はこれとは違っていたかも知れない。しかし、「作品」と呼ばれるものはみんな、様々な視点から自分なりに観察してみると、その人にとってよりいっそう面白みが増す、そういうものだと思う。

-----Zoom In Zoom Out-----

■オペラ座の怪人
ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム 他 (2005/08/26)
メディアファクトリー

■「「意識」とは何だろうか」
下條 信輔 (1999/02)
講談社

(2008/01/23 加筆修正)
[ 2007/07/31 23:32 ] TB(0) | CM(2)
覆うものなど無い、と思う人もいるかも知れません。
私は、自分自身は「ある」ように感じますが。
このように、客観的に確かめることが難しいことも、精神分析が様々な批判を受け最近はあまり流行っていない理由だと思います。

[ 2007/08/01 21:42 ] [ 編集 ]
おちゃらけた内容から入ってでごめんなさい。
The Phantom Of The OperaというとヘヴィメタルのIRON MAIDENを思い起こしてしまいます。精神分析とは無縁ですけど。

私が個人的に思うのは、自分を覆うものなど本来は無いのでないのかと言うことです。あるがまま。私はそれで潰れてしまったので、信憑性がありませんが。そう思いこんでいるだけかもしれません。ヒトって難しい。生殖してそれで終わりじゃない。自分がどうあるべきかを考えなければならない。つくづく面倒な生き物です。これを幸福と思うべきなんでしょうね。あーめんどくさい。
[ 2007/08/01 15:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。