スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

MADE IN CHINA 

 最近の我々は、まず、それが中国製品であるかどうかを調べる。中国製品ではないと分かると、ホッとする。その瞬間、何らかの安全はたしかに確保できるかも知れない。けれども、人間として何か大きなものを失っているようなそんな気がする。
 食の安全、農薬、BSE、遺伝子組換え、捕鯨、CO2排出、石油…安全やモラルに対する「責任」を、国家という何かしらの集合体が負わなければならないとすると、今やあちらこちらで頻発している各々の係争はその責任の「押しつけ合い」である。それはさながら、新しいタイプの国家間の経済戦争だ。果たしてこの戦争に勝った国家は何を得られるのだろうか。負けた国家はどうなってしまうのだろうか。
 中国では貧しい労働者が低賃金で集められ、重労働を強いられながらも、日々安価なモノを製造している。富める国の人間は、安い安いと喜びながら昨日までは飛びついていた筈なのに、今日は手のひらを返したように批判のまなざしを向ける。「だから、やっぱり『MADE IN CHINA』はダメなんだ」と。明日からはきっと、貧しい労働者たちは、生きる術をまた1から考えなくてはならないだろう。富める国の人間が「作って」と言うからそれを作ったのに、ある日突然、そんなものは要らない、もう作るな、と言われてしまうのだ。
 様々な状況や原因、確かにそれぞれに至らない点はあるだろう。けれど、ここではものごとを本当に単純に考えてみよう。それぞれの国家に属する1人ひとりの人間として、果たしてそんなに簡単に、相手に責任を押し付けてもいいのだろうか。日々偽装のニュースにあふれる国の人間が、よその国のふるまいを、そんなに簡単に笑ってはならない。
 何かの「衝突」が起きた場合、常にそこには、声をあげることもなく潰されてしまう、立場の弱い者の存在がある。それは国と国との衝突でも、漁船と軍艦の衝突でも、同じことだ。それを忘れてはならない。

-----Zoom In Zoom Out-----

■asahi.com
「中国側の批判、警察庁長官が強い不快感 ギョーザ事件」

■「A Year Without "Made in China"」
: One Family's True Life Adventure in the Global Economy
Sara Bongiorni
[ 2008/02/29 22:43 ] TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。