スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

ことばの解析学:原理,定理,公理,法則,原則 

【原理】
1)ものの拠って立つ根本法則。認識または行為の根本法則。
2)他のものがそれに依存する本源的なもの。世界の根源,ある領域の事物の根本要素。

【定理】
すでに真なりと証明された一般的命題。公理または定義を基礎として真であると証明された理論的命題。

【公理】
1)おおやけの道理。一般に通ずる道理。
2)(ア)証明不可能であるとともに、また証明を必要とせず直接に自明の真として承認され他の命題の前提となる根本命題。
  (イ)ある理論領域で仮定される基本前提。

【法則】
1)必ず守らなければならない規範、おきて。
2)いつでも、またどこででも、一定の条件のもとに成立するところの普遍的・必然的関係。また、それを言い表したもの。

【原則】
1)他の諸命題が導き出される基本の命題。
2)人間の活動の根本的な規則。基本的なきまり。原理とほぼ同義に用いられるが、原理はむしろ存在の根拠を意味する。

(以上『広辞苑』より)

----- Zoom In & Zoom Out -----

レイアウトの法則―アートとアフォーダンスレイアウトの法則―アートとアフォーダンス
春秋社
佐々木 正人



論理学論理学
東京大学出版会
野矢 茂樹

[ 2008/08/19 00:32 ] TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。