スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

数理にひそむ非数理、非数理にひそむ数理 

 1本のネジ・極微小な半導体チップから、ビル・橋・高速道路といった巨大な建造物に至るまで、工業的に設計製造されるあらゆるものの「かたち」がCADに代表されるソフトウェア上で決定されている。様々なグラフィックスや文字フォントのほとんども、直線とベジェ曲線という数理曲線から成り立っている。特に都市部で生活している場合、人間は直線や数理曲線の集合に常に取り囲まれている。
 そんな「数理的日常」の中に、数によって制御されていないものが入り込んで来た時、われわれはそこに「温かみ」を感じる。手びねりの器や手漉きの和紙などの職人工芸品、画家が描くデッサンの線、あるいは母親が子どものために作る手作りの手提げカバンにも同じ温かみを感じることはある。
 一方で人間は、もともと数値制御されていないと思いがちな自然の「かたち」の中に、厳密な数理を見出しもする。巻き貝の殻の形状が厳密な「黄金比」(フィボナッチ数列と表現される場合もある)に支配されていたり、植物の器官の発生パターンが鮮やかな「フラクタル」図形を描いたりする例はよく知られている。
 数理であれ、非数理であれ、無いと思いこんでいた場所にそれを見つける時、人間はことさら心をふるわせる生き物なのかも知れない。

----- Zoom In & Zoom Out -----

「ハンマー一筋、新幹線を作る」 板金職人・国村次郎 
プロフェッショナル 仕事の流儀
2008年7月22日放送


ジャンクションジャンクション
メディアファクトリー
大山顕



『日常にひそむ数理曲線』
企画:慶應義塾大学 佐藤雅彦研究室,ベネッセ教育研究開発センター
監修:佐藤雅彦
制作:佐藤雅彦+ユーフラテス
ナレーター:太田光
音楽:栗原正己
[ 2008/08/22 23:46 ] TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。