スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

ヒッグス粒子の発見 新たなはじまりとして 

先日「発見」されて様々な新聞・テレビ報道がなされた「ヒッグス粒子」をよく知るために、何冊かの本を読んだ。

ヒッグス粒子とは何なのか、難解な数式を使わないレベルにおいてはひとまず理解できたように思う。

何しろLHCという実験装置の巨大でかつ繊細なこと。それを作り上げ、ヒッグス粒子の発見という一大プロジェクトを成功に導いた、人間のチームとしての力。

国際的な叡智が集まり驚くべき結果を導き出す、という意味では、オリンピックに負けず劣らず、見ていて面白く、かつ興奮を禁じ得ない。

私はつねづね、サイエンスも、スポーツやアートと同じようにポップ(ポピュラー)で身近な存在であるべきだ、と思っている。

ちょっとやそっとではヒッグス粒子とは何なのか、よく知ることは難しいかも知れないが、教える側が少しだけ根気よく説明し、教わる側も少しだけ根気よく説明を聞けば、宇宙について力について物質についてはもちろんのこと、「人間」やその「叡智」について、よく知ることが出来ると思う。

ヒッグス粒子の発見は「標準理論の完成」という何かの終わりではなく、新たなはじまりでもある。
力や物質、質量についての統一的な理解の向こう側にはまた新たな知のフロンティアが広がっている。
ダークマター、ダークエネルギーの謎、超対称性粒子についての新たな知見、宇宙のはじまりや成り立ちへの更なる理解など、われわれの行く先はまだまだ茫漠としている。
けれども人間はまずはとにかくここまで辿り着いたのだ。

今後も、ゲージ対称性などの様々な対称性とその自発的破れを一つのツールとして、われわれが住まう世界の成り立ちがまた少しずつ明らかになっていくに違いない。

-参考文献
「よく分かる ヒッグス粒子」
「現代素粒子物語」
「対称性からみた物質・素粒子・宇宙」
「大人の社会科見学マニアックス~加速器編~」
「小林・益川理論の証明」
「図解 だれにでもわかる 素粒子物理」
「図解 素粒子入門」
「対称性とは何か」
「マンガでわかる「超ひも理論」」
「ワープする宇宙」
[ 2012/08/24 06:05 ] TB(0) | CM(2)

アートアクアリウム展2012 

今日は日本橋にある「コレド室町」で開催中の「アートアクアリウム展2012」を見に行ってきた。
大小様々な形の水槽の中で「乱舞」する金魚の姿が幻想的で、しばし外の暑さを忘れることができた。

フラッシュを焚かなければ写真撮影OKだったので、シャッタースピード1/30、ISO800に固定していろいろと撮ってみた。照明の色が様々に変化する中、ちょっと蜷川実花風?の写真などを撮ることができた。

金魚と水槽の形状と光と、なかなか本格的で見応えのある展示内容だった。9月24日まで開催なので興味のある方は是非。

P8187934.jpg

P8187922.jpg

P8187935.jpg

P8187916.jpg

P8187901.jpg

P8187943.jpg

P8187940.jpg



〈その他のアクティビティ〉
-「コレド室町」内の和食「菜な」にて昼食
-日本橋三越にて「輝ける皇妃 エリザベート展」
-「ZEN茶 'fe」にて休憩
-「コレド日本橋」(「グリルバール ダ パウロ」にて夕食)
-「丸善日本橋展」
[ 2012/08/18 21:49 ] TB(0) | CM(0)

「徒然草」というタイトル 

職場の同僚と、何気なくストレス発散について話をした。
そこで「よいストレス発散とは何か」を考えてみると、以下のようなキーワードが浮かび上がってきた。

1)世界をひろげる(マンガ・読書など)
2)くだらないことをする(LINEのチャットなど)
3)人とつながる(愚痴を聞いてもらうなど)
4)身体を動かす(ジム通いなど)
5)旅に出る

特に重要なのは、「くだらないこと」を「無目的」にやるのが良いのではないか、ということ。
目的を持って何かを成し遂げたり、何か見返りや報酬や成長や結果を「狙わない」姿勢が上手なストレス発散には欠かせないのではないだろうか。

本を読んでも、何か知識を吸収しようとしてしまったり、せっかく旅に行っても、写真を撮りながら「立派な写真を撮って写真集でも作ろうか」と考えてしまったり、それはそれで、趣味としては全く問題ないのだが、何となく上手にストレス発散できていない気がするのである。

そこで「くだらないこと」をブラブラと無目的にやるために、「くだらない日記」をつけてみてはどうか、と考えた。(ここでまた目標設定をしてしまっているのだが、そこは置いておいて・・・とにかくあまり深く考えないことが肝要だ)

しかしそのまま「くだらない日記」というタイトルにしたのでは面白味に欠けるし、語呂も悪い。
そこで「くだらない」の類語を調べてみたのだが、なかなかしっくりくる言葉が見つからない。

そこでふと思いついたのが、本日のタイトル「徒然草」である。
まさに「徒然草」とは「くだらない日記」のことであるし、その「くだらないことをだらだらと書き連ねてますよ」という主張を実にしっくりと三文字で言い表しているのである。

やはり、日本が世界に誇る日記文学、徒然草はそういう意味でもすごいのだ。

というわけで、せっかくくだらないことをしようと思った矢先、大いに意味のある気づきをしてしまった。
まあそういうものなのだろう。
[ 2012/08/16 22:32 ] TB(0) | CM(0)

ブセファランドラ 

IMG_0360.jpg
馴染みの美容師さんから、珍しい水草を貰った。ブセファランドラ(クダガン産)というものらしい。葉に光沢があり色も見る角度によって微妙にかわるなど、なかなか見ごたえのある水草だ。しばらくは水上で育ててみようと思う。
ネットで調べると、愛好家も多いようで、実は貰った大きさの株だと数千円はするという。
美容院で私が払う金額よりも高いものを貰ってしまった気もするが、まあその分大切に育てよう。


[ 2012/04/25 23:48 ] TB(0) | CM(0)

垂直立ち上げーー人が「変わる」時 

現在読み進めている、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」(全8巻)。幕末の風雲の時代を闊歩する竜馬の「息吹き」のようなものを感じることができる痛快な小説である。
基本的にはとても読みやすく、特に挫折することもなく第8巻まで読み進めてきたのだか、読み進めているときに少し違和感を感じた部分があった。
それはまだこの長編小説の中の序盤の方、竜馬が北辰一刀流の目録を授与されて土佐に戻って来た頃のことだ。
それまでの土佐の中での竜馬に比べて竜馬を取り巻くまわりの人間の竜馬に対する態度がそれまでとは「がらっ」とかわってしまい、急に周りからの信頼感が増し、竜馬自身の自信も一気に増したように思われた。その後海援隊をつくり、諸国の志士と共謀して薩長同盟などさまざまな大仕事をなす人望厚い竜馬が、突如あらわれる。その唐突さに違和感を感じたのである。
実はこの違和感は、大河ドラマ「龍馬伝」を見たときも同じものを感じた。やはり、江戸から土佐に戻って来たころ、急に周りから「龍馬がおらんと事が進まん」と信頼されていくのである。
小説でも、TVドラマでも感じたこの違和感は、龍馬自身の自信、ものの考え方そして人望が、徐々にではなく急速に、その前後が不連続な変化を示していることからくる。
人が本当に変わるときは、ひょっとするとこのような、「垂直立ち上げ」が起きるのかも知れない。
歴史を見ても、ある人物が歴史に登場する時は突如「躍り出る」ことがあるような気がする。
人が変わる時、そしてその人物が歴史に登場するような時には、大きく不連続なブレイクスルー、急速な垂直立ち上げが起きる。そして、龍馬には確かにそれが起きたのだろう。
ここまで書いてみて、ふと、「知のクーデタ」の話を思い出した。たとえばフランスの詩人、ポール・ヴァレリーの青年期に起きた「ジェノバの夜」が有名かも知れない。とにかく、「知のクーデタ」と言われるくらいに、人間の知の内部変化がある時を境にガラリと変わってしまうことが、やはりあるようだ。
人が劇的に変わる、そのポテンシャルは、誰もがもっているものなのだろうか。歳を取るとそれは失われてしまうものなのだろうか。それは分からないが、人は必ず変わることができる。今はそう信じたい。
[ 2012/04/25 04:23 ] TB(0) | CM(0)
プロフィール

studio:lamplight


■このブログについて:
 「科学と芸術、そして人間。」をテーマに、さまざまなものごとについて考えるブログです。特定の領域というよりも、領域と領域どうしの境界面のそのたたずまいに焦点を当て、張り過ぎず緩め過ぎず可能な限りバランスのとれた考察を深めることをめざしています。

■リンク、コメント、トラックバック:
 悪意のあるものを除き、基本的にオープンです。異論反論、叱咤激励をどうぞお願いいたします。

 ※このブログは、アフィリエイト・プログラムには参加しておりません。

◆管理者プロフィール:
 1976年生まれ。東京都在住。自称、逍遙学派。歩きながら考えることで何かが見えてこないかと、今日も歩きながら考えている。このブログも文章のほとんどを、歩きながら携帯電話にて入力し、推敲を重ねている。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。